Lowered 2 Perfection New Year Meet // BFM “Pan Matsuri” 2022

PHOTO & TEXT : HIRO MURATA (TOKYONUR / HIRO MURATA)

・Lowered 2 Perfection New Year Meet // BFM “Pan Matsuri” 2022

■Chapter.01

“Lowered 2 Perfection=L2P”

日本のUSDM/JDM Car Clubにおける老舗。TeamとしてのRootsはUSにあり、2003年にLowered 2 Perfection Japanとして歴史を積み重ねていくこととなった。


■Chapter.02

TokyonurとL2Pの繋がりはL2Pの年長組のMitsu-san(EJ1/SW388)Takeru-san(FD2/RR)のみで、Tochigi Prefectureをベースに活動する”L2P若手勢”とは接点を持っていなかった。(” Kday!! ” Chapter 9ではL2P Tacosを御馳走になったのも、今となってはいい思い出)

今回、その若手達とMeet Upするきっかけとなったのは、L2Pが持つ奥深い魅力が発端だ。

L2Pの黄色担当ことSeiya-san(Tuke-Tan)とインテグラインテグラーレマンことKohei-sanの2名で活動している”L2P雪山部”への同行打診だったが、Kohei-sanの居住地が変わってしまったことによりその活動は縮小。そこで、”雪山部ではないけれど新年のパン祭りはどうですか?”っと招いてくれたわけだ。(L2P雪山部はまたタイミングが整ったら・・・)

DSC07019
DSC07022
DSC07024
DSC07061
DSC07064
DSC07066
DSC07069

L2PのHome Townに店舗を構えるBakeryに集い新年を祝う”新春パン祭り”。Takeru-sanがElement SCに乗っていた時代から開催されているので、実に10年以上もの歴史を誇る。(当時、SCに同乗したMitsu-sanは乗り心地が悪すぎてパンどころではなかったという逸話も・・・) 今回、Mitsu-sanとTakeru-sanは多忙につき参加はかなわなかった。

Mugen DC2 / DB8、Sputter DepositionのMF10(Wekfest Japan 2021)とPolishのMF8、余りに共通点が多岐に渡るため、2台共にL2Pだと認識していたが、DB8のYanagi-sanはL2Pではないということをこの日初めて知ることに。

DSC07075
DSC07082
DSC07083

本来であれば、Wekfest 2021でこの2台並ぶPlanだったはずだが、当時の世情を考慮し各々の意志を尊重する判断がとられ、Yanagi-sanのDB8がPort Messe Nagoyaに並ぶことは無かった。つまり今回がPolish MF8を履いた状態での姿は初見だ。

DSC07063
DSC07028
DSC07030
DSC07032

この2台の完璧すぎるFull Mugenを目の当たりにすると、当時の貴重なBody Kitだからカッコいいという補正ではなく、純粋な気持ちで”カッケェーナ!”と思えてくる。寧ろ当時はMugen Body Kitに対してそこまで魅力を感じていなかったので、実に不思議な感覚だ。JDMのPartsだけれど、L2PのFilterを通過することでDetailへの拘りが昇華し魅力が増してくるのだろう。

その他変態的車種も集う・・・

DSC07015
DSC07018
DSC07013

Dodge RAM Pro Master Cityなんて日本で所有する意味・・・とは言ってはいけないが、変態が過ぎる車種Choice。誰がどう見てもFCA GroupゴリゴリOEM臭しかしないが、当然のごとくFIAT Dobroベース。

FIATのCircle形状のEmblemの台座に対して収まりが悪すぎるRAMのEmblemを載せるパワープレイは愛らしさすら漂う・・・ひっこしには便利そうだ・・・

DSC07016

Kids達にはお年玉代わりにHot Wheels配りOjisanも登場・・・大きなお友達には・・・

DSC07107
DSC07106
DSC07033
DSC07039
DSC07038


■Chapter.03

L2Pも近年では、他のTeamのようにConstantに度肝を抜くShow Carを作り上げているわけではないが、それは長い歴史を持つTeamにとっていずれ訪れる瞬間であり、Life Styleの変化や家族中心のTermに入り”クルマイヂリ”は一旦お休みであったり、現状維持を迎えているだけで、次なる一手を皆で語らう姿がそこにあった。

DSC07059
DSC07053
DSC07055

テキストで表現すると妙な言葉にはなるが、L2Pを見ていて感じることはGentle感。それはクルマの造り込みだけでなく、立ち振る舞いやクルマの遊び方を含めたLife Style全てだ。自らのSenseやTechnicをひけらかすことなく、Show Carであっても遠征だって容赦なく乗り回す。そしてHonda Sportsだけと思われがちだが、通勤車両も各々の趣味性の高い日欧米多種多彩で抜かりなく、楽しいクルマでON/OFFを楽しむ。これがTeamとして長い間、Communityを健全に維持するための秘訣なのではないかと感じた。

※Gentle感とは言ったものの、Tuke-Tanの日々のTweetは実に興味深く、KC-TradingのUeda-sanが朝刊の生真面目なColumnだとするならば、Tuke-Tanは風刺の効いた4コマ漫画的な痛快な夢落ち上等な呟き。言葉選びにLyricistとしてのSenseを感じる・・・

DSC07042
DSC07070
DSC07044
DSC07051


■Bonus Images

DSC09033
DSC06252
DSC06253
DSC06254
DSC06255
DSC06256
DSC06250
DSC06868
DSC06869
DSC06871
DSC06887
DSC06892
DSC06882
DSC06888
DSC06907
DSC06909
DSC06908
DSC06906
DSC07000
DSC06998
DSC06912
DSC06417
DSC06399
DSC06404
DSC06407
DSC06390
DSC06414
Tokyonur_Hiro_DSC08417
Tokyonur_Hiro_DSC08291
Tokyonur_Hiro_DSC08292
Tokyonur_Hiro_DSC08418
Tokyonur_Hiro_DSC08293

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close