The Golden Era “2021” // Built By Legends SPOON Civic EG6 

PHOTO,VIDEO &TEXT : HIRO MURATA (TOKYONUR / HIRO MURATA)

SPECIAL THANKS : SPOON Inc. / Built By Legends / Masaharu Kuji (BBL) / Katsu Takahashi (BBL) / Yuki Imamura (OTAMA.LLC) / Yashikazu Kasai (DBS.inc)  / UNPARALLELLED / Ebisu Circuit

・The Golden Era “2021” // Built By Legends SPOON Civic EG6 

■Introduction

全人類を襲った恐怖の疫病の余波が未だに治まりをみせない2021年。多くの人々にとって暗黒の時代と記憶されることとなるのは、歴史的な意味でも疑いようのない事実。しかし、そんな世情であっても今回のCoverageでFeatureするBuilt By Legends(BBL)に纏わる人間模様は、最上級と半分奇跡を交えたとても重要なPeriodを迎えていた。その瞬間を身をもって体感することが出来たことを光栄に思う。

・BBL SPOON EG6のProjectが、製作工程上のある一定の通過点を迎える

DSC02278


・Honda TuningにおけるLegend、Ichishima-sanはSPOON代表取締役を退きFounderのPositionへ移行し体制を変更

DSC01639

・SPOON(JP)は次世代CivicであるFL1を開発中

DSC04022
DSC04570

・SPOON USAとSpoon(JP)の共同で製作されたFK8のRace CarはThunderhill 25hでクラス優勝


これら全てが同一の時間軸で進み、Rea Timeで全てを感じていた、とてつもなく重要な2021年の歴史的瞬間のお話しです。


■Chapter.01

まず始めに登場があまりにも久々過ぎるBBL EGの歴史を手短に紹介したいと思う。

2020年にType Oneにて開催されたSPOON Collection 2020 (a.k.a 環八 Auto Salon)で、突如展示されたあのEG6だ。当時は、SPOONでBuildされたEngineが載っただけという状態で、実際にEngineが始動することは無かった。それでも、あの個性的なExhaust ManifoldやCarbon Doubling Floorに釘付けなるヒトは多かった。

DSC01454
DSC01529
DSC01500

その後、Projectが停滞していたわけではないがBBLのもう一つのProjectであるBBL Mine’s R32が完成を間近に控えたタイミングもあり、BBLの表立った活動はR32に注力しているように見えたヒトも少なくないだろう。

その間も、TokyonurはProjectの進行を見て聞いて、このProjectの舵取り役であるImamura-sanとの他愛もない日常の談話をしつつ、製作過程における貴重な瞬間を記録と記憶し続けてきた。(気になっていたトピックを忘れる度にImamura-sanにMessengerで聞きなおしているけどね)笑


■Chapter.02

現段階で詳細なParts Listを記載することはしないが、現状でPickupすべき要素のみ紹介する。

DSC02290
DSC02292
DSC02232
DSC02230
DSC02231
DSC02233
DSC02284
DSC02281
DSC02282
DSC02280
DSC02285
DSC02286
DSC02226

SPOON Collection 2020で多くのヒトが見たであろう、あのExhaust Manifoldは様々の事情を考慮し再設計された。これは、前方排気のB18のLayoutにおいて致し方ないことであり、尚且つSPOONのAir Cleanerの哲学である”ホンダの純正Air Cleaner Boxは優秀”という思想を基にしたメリットを考慮したうえでの判断となった。

DSC02199
DSC02200
DSC02209
DSC02202

樹脂製のAir Cleaner Boxの真横を通過するため、厳重に耐熱Titanium加工及び保護剤の貼り付けが施されているが、現在の姿はあくまでもTest中だ。

DSC02207
DSC02222
DSC02225
DSC02221
DSC02203
DSC02296
DSC02204
DSC02216
DSC02214
DSC02261
DSC02260
DSC02263
DSC02265

恐らくHonda Geekの人達にはその言葉の響きだけで食いつくとは思うが、BBL EGに採用されているRadiatorは、嘗てJTCCでEG9用に設計された貴重なものだ。BBLのBusiness Modelとして掲げている、Orderがあれば再現可能なLegend手によって産みだされる製品を組みわせたレストアというThemeからは若干逸れることにはなるが、これは究極の一品モノをSelectすることも可能というPresentation Modelとしての提案かもしれない。

DSC02269
DSC02271
DSC02270
DSC02224
DSC02240
DSC02245
DSC02236
DSC02238
DSC02242
DSC02243
DSC02265

Rearのコンペンセーターアームを廃したModifyは、EG6の個性でもあるDriverが積極的にRearを意図的振り回す楽しさの強調と、Sports走行性能をより向上させるための施策だ。

DSC04067
DSC04065
DSC04064

細かい要素にはなるが、多くのEG Ownerが待ちわびているであろうAluminum製のDoor Handle。EG6の持病とも言える樹脂製Door Handleの経年劣化による破損。BBL EGも例にもれず右のDoor Handleが破損している。長年Spoonでこの状況を見てきたImamura-sanならではのItemといえる。

DSC02295
DSC08620
DSC08622
DSC08623
DSC08629
DSC04053
DSC04050
DSC04049
DSC02247
DSC02253
DSC02249
DSC02250
DSC02251
DSC02218

ここまでが2021年9月の進行状況だ。

その後にProjectが急激に進行したのが2021年10月下旬だ。Tokyonurとしても全く持ってScheduleをあけていたわけではないが、BBLのKatsu-sanから”明日Type Oneで作業をする”っと一報が入り、早朝のType Oneに駆けつけた。(実は自宅から15分程度だけどね・・・・)

翌々日にEbisu Circuitで行われるShakedownに向けてのPit Inというわけだ。

DSC03908
DSC03906
DSC03905
DSC03919
DSC03925
DSC03930
DSC03948
DSC04004
DSC03958
DSC03974
DSC03970
DSC04028
DSC03959
DSC03963
DSC03964

世の中的には約1年ぶりのPublicな場所に現れるBBL EGは、Test CarらしくBBLのIconicなMt.FujiをThemeとしたCamouflageな偽装と、BBLのArt Directionを担うKasai-san(DBS)の手による”Test”のLetteringとBBL EG6という憎い演出。(このArt WorkはType OneのMechanicも車両を見送る最後に気付いたという”JDM Wabi Sabi”が本当にカッコよすぎる!)こうやって文字で書くとカッコ悪いんだけど、思わず言いたくなる要素なので(汗)

DSC04055
DSC03936
DSC03942

既にSPOON Collection 2020で公開されているので、隠すまでもない純正LikeなWide Fenderと、開発中のFront Bumperの姿はご想像にお任せする。

DSC03952
DSC03953
DSC03989
DSC04014
DSC03992

その他の作業としては、ブレーキ周りのRefresh、Super耐久仕様のEG6からのSeatの移植だ。

DSC03951
DSC03976
DSC04054
DSC03984
DSC03986
DSC03959
DSC04007
DSC04012
DSC04010
DSC04073
DSC03999
DSC03995
DSC03997
DSC04084
DSC04101
DSC04086
DSC04082
DSC04096
DSC03955
DSC03956
DSC03980
DSC03983

Type OneのMechanicも通常の作業では見ることのないInnovation溢れる車両に刺激を受けていたようだ。

作業は夜遅くまでかかり、2日後のShakedownに向けて期待と不安が織りなすなんとも言えない空気に包まれるType OneとBBL Memberの姿がそこにあった。

DSC04114
DSC04104
DSC04150
DSC04131
DSC04138
DSC04144
DSC04162
DSC04171
DSC04174
DSC04177

■Chapter.03

Tokyonurとしては近しいようで近寄れない存在のEbisu Circuit。これまで多くのDrift CarをFeatureしてきたにも関わらず、1度も足を踏み入れたことがないそんな場所であった。

それが、BBLをきっかけGripのTrack Day(UNPARALLELLED)で訪れることになるとは自分自身でも想像もしていなかった。

DSC07972
DSC07975
DSC04181
DSC04184
DSC04182
DSC04186
DSC04187

そのEbisu Circuitだが、2021年2月13日に福島県を襲った震度6強のEarthquakeの影響で、土砂崩れが発生しEast Courseも最終コーナー側を変則的Layoutで営業となっていた。

DSC04233
DSC04238
DSC04188
DSC04193
DSC04194
DSC04203
DSC07977
DSC04216
DSC08031
DSC04201
DSC07988
DSC04197
DSC04198

Shakedown当日のRace EngineerとしてOrange BallのNakajima-sanが招聘された。

DSC04235
DSC08061
DSC04295

敢えてFollow Upしておくが、Nakajima-sanはOrange Ballを立ち上げる以前はSPOONに勤務していた。(そしてOrange Ballという不吉なRace Flagの由来も語っておくと、決してNegativeな意味ではなくOrange Ballが出されてしまうようなクルマでも気軽にPit Inしてくれるような場所でありたいという思いが込められている)

つまり、今回のシェイクダウンはIchishima-san、Imamura-san、Nakajima-san、3人の偉大なるSPOON OBが揃うという運命的なタイミングだった。これまたBBLが巻き起こす自然発生的な瞬間が素敵だ。

DSC04263

Thunderhill 25h参戦に伴う渡米を直前に控えたIchishima-sanがReviewを行い、Nakajima-sanがSetting、Imamura-sanがCheckを行い、再びIchishima-sanが走行を重ねる。

DSC04229
DSC04226
DSC07998
DSC04276
DSC08072
DSC04222
DSC08032
DSC04240
DSC04256
DSC04285
DSC04290
DSC04257
DSC04258

Lunch TimeではUNPARALLELLEDの手によるBBQが振舞われた。

DSC04405
DSC04402
DSC04404

Lunch後も順調をLapを重ねるBBL EG。SPOON-ism/Ichi-ismが注入されていく瞬間でもある。

DSC08080
DSC08081
DSC08109
DSC08136
DSC04409
DSC04410
DSC04491
DSC04484
DSC08051
DSC04509
DSC04322
DSC04356
DSC04371
DSC04384

今回のShakedownは”問題無くクルマが走行できるか”それだけのCheckの予定だったのだが、大きなTroubleは無く走行を終えるどころか、今後のSettingのVisionも見えてくる収穫もあった。

DSC04533
DSC04539


BBL EGはCircuitでRaceをするためのクルマではないので、今後は車検を取得してStreetを舞台にRoad Settingが行わる段階に進んだのであった。


■Afterword

BBLはCircuit専用の車両を製作しているわけでもなく、Engine Bayを究極に造り込んで日常の快適性を犠牲にするようなことはしない。勿論Show CarというCategoryにおいてそういった要素を突き詰めてBuildするCultureはオモシロイ。でも、乗用車として常用出来ないのは、それはクルマが持つ魅力として悲しいことであり、常に身近に置いておきたい相棒とは言えないのではないか。あくまでもいメインカーに限った話しではなるが、海外のShow Carの見様見真似を実行した結果、常用できない結末は悲劇でしかない。

※「乗用車である以上、常用できることが前提である。」という言葉はLevel OneのIshiya-sanのIGを見て、良い言葉だなっと思い引用させて頂いた。

自分の大切なクルマと、長く付き合っていく術ともいうべき素晴らしい解釈だと思う。

海外の文化を取り入れなくとも、日本の名工の手による美学を継承することが新しく、そしてカッコいいと感じられるLogicを作り出したBBL。日本のCustom Car Cultureも再考すべき時を迎えたのかもしれない。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close