It’s a beautiful day // Truck Masters FEA Final 2019 – Camp in Mt.Fuji

DSC09390

Photo & Text : Hiro Murata (TOKYONUR)

It’s a beautiful day // Truck Masters FEA Final 2019 – Camp in Mt.Fuji

■Chapter.01
Truck Masters。あまりにも『そこにあるのが当然』という慣習のような存在でもありつつも、イベント名は目にするがその実態を知らない世代が出てきているのも事実。その歴史は古く1993年に横浜市上瀬谷通信受信基地で第1回が開催された。2002年以降は現在のような全国各地を巡業するスタイルのイベントとなる。
そして、遂に2019年には27thシーズンを迎え、イベント開催数は100回を突破した。
年1回開催というイベントスタイルの相違はあるが、1987年に第1回が開催されたMooneyesのStreet Car Nationalsですら2019年時点では31回だ。
MooneyesはHot Rodとオールジャンルな国民的車両をフィーチャーするイベントを開催し、Blue PanicはTruckをよりDeepにフィーチャーするイベントとして住みわけがされ、相互的に協力関係を築き上げ開催を続けてきた。
2020年に開催される東京オリンピックの建設計画の影響を受け、Truck Mastersはお台場NOP地区での開催を断念せざるをえなく、朝霧高原ふもとっぱらキャンプ場での開催となった。
私含め、開催発表を目にした多くのアウトドア寄りのカーガイは、「おいおい!あんな起伏とぬかるみの激しい場所に、宝石のようなShow Carを並べるなんて無理だろう!」という声をあげた。
Go Out Campにクレスタで乗り込んだIshiai-sanも「これはヤバイだろ!」っと警戒するも、ふもとっぱらのエリアのなかでも比較的地盤の固いエリアが選定された。

DSC09462

DSC09461

DSC09458

DSC09457

DSC09459

DSC09460

DSC09455

DSC09427

DSC09435

DSC09439

DSC09438

DSC09388

DSC09456

DSC09391

DSC09392

DSC09393

DSC09386

DSC09387

DSC09385

DSC09415

DSC09414

DSC09394

DSC09396

DSC09402

DSC09410

DSC09412

DSC09413

DSC09420

DSC09426

DSC09425

DSC09432

DSC09444

DSC09422

DSC09421

DSC09429

DSC09389

DSC09442

DSC09464

DSC09508

DSC09451

DSC09449

DSC09372

DSC09359

 

■Chapter.02
偶然絶後のブリハイリバイバルブームから、新たなチャプターを感じる事ができた。なんといっても、C1500とD21の復活だろう。目に留まっただけでも、其々10台以上ものエントラントが様々なスタイルを披露していた。

DSC09418

DSC09384

DSC09433

DSC09400

DSC09416

DSC09383

アンフィニッシュなものから、インドアショーコンディションものまで様々だ。
個人的に目についたのは、綺麗にスラムドされたガンメタリックのWD21 Pathfinder。とにかく全ての要素が最高。

DSC09407

DSC09405

DSC09408

 

■Chapter.03
そして今回のTruck Mastersで最も話題をかっさらったのは、Freee’s Auto & CustomsDEN-chanのサニトラではないだろうか。

DSC09437

車両購入段階から頻繁にその製作過程を見てきただけに、カスタムカー雑誌の老舗でもあるCustomcar Magazineのアワードを受賞が決定した時は自分の事のように嬉しさを感じた。

DSC09468

DSC09470

DSC09472

DSC09482

DSC09491

受賞理由は、オリジナルフェンダーのラインを残したオーバーフェンダーに、走れる(ドリフト)クルマ、インテリアも手を入れているという点が評価された。
見た目はまだまだアンフィニッシュな状態ではありながら、大衆メディアの目に留まるということは、今後外装をビシッと決める事ができればとんでもない世界が待ち受けていそうだね。

DSC09488

 

■Chapter.04
最後に昨今のカーイベントと比較して感じた事を。
Truck Mastersが素晴らしいのは、エントラント及びギャラリーのクルマのジェントルさだ。
カーイベント会場に居たということを忘れていたくらい、入退場の時間帯であっても信じられない程の無音だったということだ。
世の中の全ての健全を装っているカスタムカーショーも『マナー良く』という実質おまじない程度の意味しかなさない言葉と裏腹に、自称マナーが良いと思っているカーガイ達も、一般の人から見れば煩い暴走族に過ぎない。
もうその時点でいくらマナーが良い人が居ようが、そのイベントはそういう人達が集まるイベントとしての烙印が押される。
「エントラントよりもギャラリーのクルマが煩いんだよね。」というのは言い訳にすぎない。そういったクルマが集まってしまうのだから、コミュニティとして同一視されているということだ。
何故Blue PanicやMooneyesのイベントと比較して、その他のイベントに歴然とした差があるのか、今一度考えなければいけない時代に突入しているはずだ。
影響力の大きいインフルエンサーから示していかないといけない。
会場内の展示スペースに停車するまでナンバーを取り外しての走行をしない。
ナンバーを付けて搬入している姿こそ、先輩として正しい行いをしているという示しになるのだし。
そして、例えナンバーが付いていても積載車で搬入をする。
『自分が及ぼす影響力』を良い方向で啓蒙していくべきなのではないだろうか。

1 thought on “It’s a beautiful day // Truck Masters FEA Final 2019 – Camp in Mt.Fuji

  1. CAPTION: Mack Trucks announced today that proceeds from the online auction of a customized Mack Anthem used by the Zac Brown Band during its 2018 Down the Rabbit Hole Live tour would benefit Camp Southern Ground. Founded by Zac Brown, the nonprofit camp serves children ages 7 to 17, providing them with activities that educate and challenge them in a campground environment. Mack made the announcement during the North American Commercial Vehicle (NACV) Show Oct. 28- 31 at the Georgia World Congress Center in Atlanta.

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close