Tokyonur – Visits GReddy USA

PHOTO & TEXT : HIRO MURATA (TOKYONUR)
Special Thnaks : GReddy USA // Kenji Sumino // Takuya TK Akiyama

Murata_DSC09836

Tokyonur – Visits GReddy USA

■Chapter.01

今回は2018年10月に渡米した際に立ち寄ったGReddy(Trust USA)のストーリー。California IrvineにFactoryを構えるGReddy。このIrvineという土地は多くの日系企業がFactoryを構えており”Scott”が勤務するKoyorad USAも10分程度の場所にOfficeを構える。また、更にSpoon Sports USA(Go Tuning)もここから20分の距離感だ。
GReddy USAは日本のTrustパーツの販売だけでなく、Formula Dに参戦するKen Gushiの車両制作を始めとしたTeamとしての活動が世の中の多くの人に知られている。

Murata_DSC09862

Murata_DSC09849

Murata_DSC09846

他にも、TRA-Kyotoが毎年のようにSEMA Show会場でお披露目するShow Carを制作も行っている。この時もPandem FC3Sがヒッソリと最終工程を迎えていた。

Murata_DSC09858

Murata_DSC09860

Murata_DSC09852

Murata_DSC09841

ちょっとお取込み中だったので、友人でもあるTakuya TK AkiyamaがWashingtonのLicense Plateを装着したNissan Jukeで我々をLunchに連れていってくれた。

Murata_DSC09828

Cali PlateよりもWashington Plateの方が警察が煩くないということらしい(笑)
日本の狂ったUSDM Stock Style Maniaはこういった写真が嬉しいようだ・・・(滝汗)

 

■Chapter.02

“Localの人達が良く行くお店”というテーマで案内されたのが”Inka Mama’s“というPeru料理のお店だ。「Peru料理ってなんだよ!」って一瞬思ってしまうが、ヒト事で日本的に説明すると肉野菜炒めだ。ボリュームも最適でコレが非常にオイシイ。

Murata_DSC09826

Murata_DSC09825

その数日後、Los AngelesのPetersen Automotive Museumを訪れる際に利用したUberのDriverに『観光かい?オイシイご飯は食べたかい?』と聞かれ「Inka Mama’sってとこに行ったよ」と言うと『Wow!そこ知ってるよ!俺の家族のルーツはPeruだからお気に入りなんだ!』っというこぼれ話も。

 

■Chapter.03

日本のPopularなSports Carと、北米のPopularなSports Carというのが根本的に異なるので、チューニングパーツの開発がなかなか難しいとろこだとは思う。

Murata_DSC09877

Murata_DSC09867

Murata_DSC09872

Murata_DSC09832

Murata_DSC09838

Murata_DSC09830

北米ではType R以外のグレードも爆発的にHitしたFK型を始めとした10th GEN Civicだが、日本ではType R以外はそこまで人気を博していない。逆に日本ではSwift SportsやJimnyといった北米では販売されていない車種のチューニングパーツが手堅く売れる。Globalで売れるクルマが異なるという障壁は、GReddyに限らず多くのチューニングパーツメーカーにとって解決しがたいポイントではあると思うが、先日Rendering Graphicsが公開された新型Nissan Zという未来の好材料も控えているだけに、和製チューニングパーツブランドの老舗としての活躍を今後も期待したい。
Covid-19が世界的に落ち着いたらまた訪れてみたいと思います。

 

 

■Bonus Chapter

そうそう。最近TKがEG6を購入したとのこと。これは非常に楽しみなProjectだ。
そんなこともあって、先日OTAMA LLCが突如発表したEG Civic用アルミドアノブが非常に気になるというDMが飛んできた。これ、標準のドアノブは経年劣化で割れてしまうEGの持病のような現象だ。
世界を代表するFFドリフトキングであるLowbrain GenkiのEG6のドアノブも割れた際に鋭利に尖った破片で流血したらしい・・・
Imamura-sanオモシロイもの造りますね(笑)

View this post on Instagram

EGシビックのドアノブって経年変化で割れるんですよ。だからロストワックスの型を作ってアルミで作りました。まーこんなの作って売れるの?って言われると正直売れないでしょう。でも良いんです。OTAMA LLCは我々が必要とする物を作って世界中のたった一人でも共感出来てお役に立てるものづくりの会社でありたい! The door knob on the EG is made of plastic and a lot of the cars out there have cracked door knobs just like our Built By Legends Spoon EG6 base car. As the supply of this OEM part has stopped, we decided to evolve the door knob and produce it in aluminum using the lost wax manufacturing method. At OTAMA LLC, our objective is not to come up with a hit product, but produce a product that we really need. We believe there are people out there with the same values, and enthusiasts who need what we produce.

A post shared by OTAMA LLC (@otamastudio) on

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close