Honda CR-V BLACK EDITION Custom Concept with THE CHECK SHOP // Tokyo Auto Salon to Osaka Auto Messe 2020

DSC02488

PHOTO & TEXT : HIRO MURATA (TOKYONUR)

■Cahpter.01

近年、ラダーフレームではないCompact SUVのトレンドは、ストラットスペーサーを噛ませて2inch未満の範囲でリフトさせて、All TerrainやMud Terrain Tireを履かせるのだ・・・という誰でも分かりきっていることはひとまず置いておこう。
日本市場においてHonda CR-Vは販売面で物凄く苦戦している、・・・ではなくて、北米の地でもTundra、Tacoma、4 Runner、RAV4で固められたトヨタ陣営には全く歯が立たないのが実情だ。
そしてデザインが急激にマイルドとなり顧客離れを加速させた第3世代X-TRAILとは対照的に、日本ではRAV4は絶好調。所謂”GO OUT世代達”へのウケが良いのだろう。
では、そんなRAV4の1強状態でありながらも、指針となるビシキマなRAV4が存在しないのは何故だろうか。そもそも、北米でRAV4はアウトドアフリークやオフロードユーザーが好んで乗っているかと言えばそうではなく、なんでもかんでもOverlandって言えばカッコ良くなるわけではないのだ。

 

■Chapter.02

そこで、本田技研工業とThe Check Shopからの指針となる1台が、CR-V BLACK EDITION Custom Concept with THE CHECK SHOPというわけだ。
足回りの構造的にロングトラベル化は困難な為、リザボアをチラ見せするJRZ 3Wayをオフロード用に制作し程よいリフトアップを実現。
一見ノーマルと見まごう20mmワイドのフェンダーはKohlenstoff Tuningで発売が予定されている。
BAJA DesignsのLight Barがマウントされたローフォルムのルーフラックはワンオフ。
ホイールは純正から1インチダウンの、Agio FHC(17×8.5/鍛造)を新規に制作。気付く人にとってはハッとさせられるデザインだ。

DSC02482

DSC01945

DSC01940

DSC01946

DSC01937

DSC01956

DSC01973

DSC01965

DSC01971

DSC01963

DSC01934

DSC01983

足早にスペックを先に紹介したが、自動車メーカーの展示車両名に、街のチューニングショップの名前が入るというのは極めて異例だ。アメリカではそこまで珍しい事ではないが。
とは言っても、”本田技研工業が町のポルシェ屋に?”そう感じた人も少なくはないだろう。
近年では水冷ポルシェを”レーシング”と”オシャレ”(敢えて日本語)の両面で訴求するイメージが強いThe Check Shopだがその歴史は古い。
雑誌”Daytona”がまだ黄色表紙の頃。Daytona J’sが産声をあげる直前くらいだろうか。スポコン、USDMが日本に根付き始めた時代に、Daytonaの誌面で頻繁に見かけていた北米の香りがする不思議なShopという雰囲気だった。
その後、”大きな転機となったはE60 M5でFuji Speedwayを走るようになってから”っと語る人は多い。そこで培ったドイツ車のチューニングとコミュニティが現在のThe Check Shopのノウハウの幅の広さに繋がっている。
日本のElement、CR-Vオーナーなら全員知っていると言っても過言ではない、北米のJ Sportがホンダ車に特化したアフターパーツの発開発と販売を行っているが、ビジネスとして成立しているのか実際問題かなり疑問が残る。しかし、これも指針となるクルマ造りの提案として、必要な要素なのだと思う。今回はJ Sportの役割をThe Check Shopが担ったといって良いだろう。
東京オートサロンに続き、大阪オートメッセでも本田技研工業のブースへ展示されるので、是非そのディティールをチェックしてみてほしい。

 

■Chapter.03

CR-V BLACK EDITIONの”感じの良さ”とは対照的に、残念なことに日本のカスタムSUVシーンは実に退屈だ。クロームとマットブラックの2トーンカラーのトゲトゲしいデザインをした2000年代のKMC風情のホイールにAll Terrainを履かせる、謎のドメスティックなスタイルが主流だ。この”カー用品店で薦められるがまま買ったスタイル”が異常に多いのだ。
自動車メーカーとしてインチダウンを推奨しないという事情も分からなくもないが、日本のSUV向けホイールのデザインが洗練されていないというのは非常に大きい。Work WheelsのT-Grabicのように、デザイン面でインチを落としているように見せるアプローチも出来るはずなのに・・・
かといって、ステレオタイプなMethodやMotegi Racingを履けば正解かといえばそうでもないと感じる。
要約すればこういうことだ・・・
・ディーラーオプションに設定されていそうな、汗苦しくないモディファイ。
・ルーフラックは汎用の”カゴ”が載っているものではなく、ルーフラインに沿った薄い形状。無ければワンオフ。
・Overland系のデザイン記号でもある、Rotopaxは装着しても用途が限りなく絞られるのでMaxtrax(Recovery Board)のみをスマートに装着する。
・ホイールは純正から1インチダウンのサイズで、デザインはそのメイクスの歴史やルーツを感じさせるもの。
・リフトアップは1.5inch程度でハミタイは程ほどに。
安易にリフトアップに手を出すユーザーは少なくないはずだが、専用のアーム類がリリースされていないこの手のSUVで過度なリフトアップを行った場合、クルマに対する負荷は甚大で、ドライブシャフト含めた足回りへの負荷は深刻だ。
私自身がモノコックSUVにおける”感じの良いカスタム”というジャンルを開拓してきたこともあり、『アレをこうして、そうするだけでも、良いのだ。』というビジョンをElementで表現してきたつもりだ。深い意味でね。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close