[Thank Japanese Wicked Shops For Another Grate Year!] The Check Shop x Brian James Trailers

DSC01930

DSC01914

DSC01921

DSC01934

DSC01994

DSC01998

DSC02001

DSC02002

DSC02006

DSC02022

DSC02018

DSC02020

DSC02015

DSC02479

DSC02089

DSC02131

DSC04352

DSC04399

DSC04400

DSC04422

DSC02254

DSC02124

DSC04404

DSC02357

 

PHOTO & ARTICLE : HIRO MURATA (TOKYONUR)
“気の利いた中身の濃いいお洒落”
そんなClub Sports Lifeの提案を続けるThe Check ShopのOtsuka-san。今の一押しはなんといってもブライアンジェームズのトレーラーだろう。積載車を維持するほど裕福であれば必要性を感じないかもしれないが、積載車を頻繁にレンタルしているサーキットクラブマン、ドリフト勢には待望のアイテムだろう。
The Check Shopというとアメリカであったりドイツであったり、どことなく右側通行の国の匂いを漂わせるが、これはイギリス製。何故かというと、イギリスは日本と同じ左側通行の国。灯火類諸々が最初から最適化されている。目の付け所がさすがである。
ラインナップは4モデルが用意されているが、日本でのユーザービリティーに最適なのが”A4″、”T4″の2タイプ。A4は車輪をベッドの外に出すことによってT4よりも低く見た目も良い。これはThe Check ShopがGT3RSを載せて各地に遠征しているモデルだ。
T4はA4とは異なりタイヤがベッドの真下に入る為、腰高になる反面ドリフト車両等のナックルを入れたワイド化している車両の運搬に最適。幅員が2m未満ならばA4で、2mを超えるならばT4がベストというわけだ。
機能面に目を向けると、油圧式のチルト機構と、格納式のローディングランプは、Freee’s Auto & CustomsのMitamura-sanも感動の装備だ。
積載スペースの豊富な積載車と異なり、装備品の搭載能力を不安視する人も少なくはないだろう。しかし豊富なオプションパーツを使用する事により、複数のスペアタイヤやツールを搭載する事が可能だ。もちろんけん引免許が必要にはなるが、合宿免許を利用すれば短期間で取得可能だ。

 

詳細は日本語ページで検討あれ。
Brian James Trailers Japan
The Check Shop on Facebook
The Check Shop

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close