Methods of Drift // Black Mark Day 2017 at Nikko Circuit

DSC04920 (1)

DSC04915 (1)

DSC04919 (1)

DSC04923 (1)

DSC00501

DSC00578

DSC00742

DSC00542

DSC00544

DSC05188

DSC00570

DSC00504

DSC00536

DSC00539

DSC01066

DSC05182

DSC04605

DSC04786

DSC04819

DSC04824

DSC04707

DSC00632

DSC04723

DSC04715

DSC00493

DSC00577

DSC01070

DSC00564

DSC00623

DSC04729

DSC00703

DSC04644

DSC00554

DSC00561

DSC04841

DSC00555

DSC04835

DSC05222

DSC04655

早朝のゲートオープンのタイミングで現地に到着するとそこには・・・
「雰囲気が良い!雰囲気が良い!最高!」とN-STYLE代表の長浜さんが笑顔でSNSの写真を撮り歩いてる姿が。
そう、日光サーキットでのイベントなんて何十回?何百回?と経験しているであろうヒトをも興奮させるその雰囲気。
Black Mark Dayは日光サーキットで開催されるイベントの中でも、特殊な盛り上がりを魅せるイベントだという事をその時点で理解した。
通常のイベントでは積載車が停めてある場外スペースが、40台以上のハチロクのピットとして埋め尽くされている異様な光景はスタンス系の置きイベントを圧倒する状態だ。
SpeedhuntersのDinoDohc ResearchRapidTokyoridez、そしてHuxham Creative StudioLukeといったカーメディア界の大物達が揃った。
昨年、日光サーキットで発生した大きなアクシデントの影響でフェンスとウォールが設置された。
ピットレーンから1コーナーの中間迄、そこに一瞬解放エリアがあるが再び高速道路沿いまでフェンスが張り巡らされた。
大会系のイベントではまたメディアエリアは別途設けられるようだが、終始絶え間なく走行が続く走行会イベントでは、それも難しいだろう。撮影エリアは減ってしまったがこれは仕方ない。
寧ろ今までがフォトグラファーヘブンな日光サーキットなだけに、この措置はとても残念なことではあるが、一度起きてしまった事を2度すると日本の社会はそれを許してはくれない体質がある。そうならない為のサーキット側の企業努力なのだ。
首都近県から身近な距離にあり、常に温かい火の通った料理を提供してくれる食堂を併設している日光サーキットは私にとっても大切なサーキットのヒトツです。
身近なヒーロー達が輝き続けるサーキットであって欲しいですね。
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: