Chapter.02 // 2018 SLY SUMMIT 荒れ走・・・ at Sports Land Yamanashi |Presented by KOYORAD USA|

Movie : Filmed & Edited by Yosuke Kurosawa // IG @mr_kurosawa

Photo & Article : Hiro Murata (TOKYONUR)

Translation : Ryohei Takahashi (THEBRIDGE)

Presented by KOYORAD USA

DSC06003

DSC05998

DSC05999

DSC05982

DSC05990

DSC05682

DSC05683

DSC05966

DSC05967

DSC05686

DSC05989

DSC05978

DSC05983

DSC05975

DSC05963

DSC05360

DSC05435

DSC05687

DSC05446

DSC05442

DSC06074

DSC05796

DSC06266

DSC05758

DSC06286

DSC05751

DSC05489

DSC06046

DSC06314

DSC06058

DSC06015

DSC06020

DSC05769

DSC05756

DSC04350

DSC06078

DSC05582

DSC05580

DSC06103

DSC05814

DSC06113

DSC05632

DSC06359

DSC05624

DSC05607

DSC05658

DSC05620

DSC05662

DSC06096

DSC06131

DSC06395

DSC06151

DSC06147

DSC06468

DSC06164

DSC05896

DSC06548

DSC06168

DSC05835

DSC05875

DSC05843

DSC05892

DSC06157

DSC05847

DSC05883

DSC06572

■ARE-SOU(WILD RUN)

SLYSUMMIT subtitle ARE-SOU means wild run. They pick this from one of the local driver AREi Saito from team Nashiyama Street. And he became the first victim of ARE-SOU. In first heat second rap, he came out from the last corner with good angle, but the car started to switch to the other side=wall. He broke left side tension rod. However, he could luckily manage to fix the car and came back to the afternoon session.

But this ARE-SOU didn’t ended here. in the first heats 4 out of 5 classes had red flags. Kojima-san and Mitsumori-san from 4AG Club had dogfight all day, in the end of the day Kojima-san didn’t have both front and rear bumpers. Wasabi(his AE86) is getting like Chocolate(his previous AE86)

335BODY Ogawa-san who broke cluck shaft in first 3raps last year showed up with scrupulous maintenance on his car and made it to the last heat.

On the other hand, Taku-san form 4AG Club had an engine trouble and could run. But he had so much fun with the sing bards made by Craft Okata-san. Taku-san stood at the control line sent funny sing boards says “U SUCK” “Y U GO SO SLOW?” “U USE E-BRAKE TOO MUCH” “45MIN 2 GO” and made people laugh.  

On the other hand, Kanagawa-union class had no trouble. They did a race in the first heat. They decided starting grids with rock scissors paper in the day before dinner time. Result was obvious, 4AG turbo Wataru won the race, V8 Crown Lowbrain JJ(Has race experience in Classic MINI) came in second. But B18C Civic Genki-kun had difficult time in the back group and couldn’t came back in good place.

|

■A Trend in 2018

A big trend in these days is “2001STLYE” but since everyone is doing it, it got kind of boring

Putting newer gen flavor in 2001 style is Lowbrain Yassan’s AE86. Black ET37V with Rosso Corsa matches very well and surprised many AE86 drivers out there. But yet, there are so many people paint their car red now. When Taku-san from 4AG Club painted his AE86 red, Kojima-san came up to Yassan and tried to make Yassan say “Stop coping me(of cause as a joke)”  

|

■Kanagawa Union

Lowbrain, Freee’s, Aspiration, and their friends associate Kanagawaunion. SLY track day is ran by them. This year Aspiration couldn’t made it since they had  a member’s wedding on the same day.

Therefore, there were less staffs than the other year. Kyokuto-skills Muko-san had to do flag man at the first corner by him self all day, and for the last corner they couldn’t put people all the time, that they asked drivers to use the signal on the last coner.

|

■Successfully kept the owner happy.

At SLY they don’t allow to have passenger, and spectator areas are strict. Only the reason “why” is for your safety. This year since it was the 4th event for them and developed trust. Luckily the track owner let us shoot a photo and video at outside of first corner where DK Tsuchiya used to have a judging seat for IKATEN.   

Also, many entrants were in good mood as well. I heard someone said “I want to come to Yamanashi next week again.”  KOYORAD noboris decorated the home straight and mountain side area looks like touge and remind us of street. Yamanashi is the only place we can have this package.


■荒れ走

そのサブタイトルの由来にもなった、ナシヤマストリートのArei Saito-sanが1ヒート目に有言実行・・・・コースインラップを終えた2周目のホームストレートでいきなり卍の末ウォールにヒット。足回りを破損。Sports Land Yamanashiのコースレギュレーションではホームストレートでの卍が禁止されているので、いきなり社長のお怒りが降臨するかと思われたが、特になにもなくスケジュールは進行した。

Arei-sanはコースサイドで応急処置を行い、残された僅かなヒートを走行することが出来た。

その他のクラスでも1ヒート目は赤旗が連続して出された。

コースサイドのコンクリートに入りのタイヤバリアが撤去された事で、アウトラインへの油断で出たのか多くのエントラントのバンパーが犠牲に。

終始ドッグファイト!なKojima-sanとMitsumori-san。やはりこの2人の目に見えない阿吽の呼吸はまるでストリートで走る仲間を探すかのような殺し愛レーシング。最終的には前後バンパー無しの状態となったKojima-sanのWasabiもだんだんとChocolateっぽくなってきましたね。

昨年、僅か3周でクランクが折れ走行を終えた335 BODYのOgawa-sanは、今年は入念に暖気を行い無事に最終ヒートまで走行することが出来た。Official Movieでも見ているこちらがホッコリするような笑顔のOgawa-sanを見る事ができます。

かたや、不運を一人で背負ったのがTaku-san。エンジントラブルで1周もドリフト出来ずに走行を終えた。しかし、Craft Okata-sanが持ち込んだサインボード遊びにハマり、走行中の仲間へ「ヘタクソ!」「なんか遅くない?」という愛を込めたのイジリを満喫した模様。

その中には、元D1ドライバーのWataru Hayashi-sanも含まれているのだから、Taku-sanの愛されようが伺える。

そんな荒れるクラスをしり目に、前日の段階で1ヒート目をグリップレースにする事が発表されたKanagawa Union主催クラス。

俄然有利な4AGターボのWatarunが圧勝。2位にはHans装着のJJのV8 Crownが滑り込むという予想通りの展開ではあったが、車両スペック的に有利と思われたGenki-kunのCivicが下位に沈など、期待を裏切る順位変動もあった。

|

■2018年式のレトロムーブメント

現代の日本のドリフトシーンはとにかくコンペティションドリフト創成期を懐古するスタイルが主流だ。しかしそれだけのシーンは本当にツマラナイ。

SLY Summitのエントラントのスタイルは多種多様に渡る。

90年代の日付をタイプした安易なフィルム風の”too much”なレトロフィーチャー写真をの世界ではなく、過去を大切にしつつもあくまで2018年のスタイルを加味したカッコよさを追求しているのが、LowbrainのYassanだ。

Kojima-sanのKarashi 2018 Specでカラシ色と黒の2色に内外装の色を統一したように、YassanはTE37Vを黒にペイントした事で、Rosso Corsaと黒という2色で外装色を統一。

ホイールペイント意外は昨年から何も施してないにも関わらず、このイメージチェンジは多くのAE86乗りを驚かせた。

だかしかし、本当に赤へのオールペンをする車両が多い。

ヨンエイジイクラブのTaku-sanが元グレーのN2号を赤にペイントした事で更に赤いドリフト車両が増殖。

ハチロクではいち早く赤に塗装をしたYassanに対してヨンエイジイクラブのKojima-sanは・・・

Kojma-san「Taku-sanに”なんだよ!俺の真似すんじゃねーぞ!”って言ってやれよぉ(冗談で)」

Ryohei-san「Yassan騙されちゃだめぇぇぇぇ~」

というKojima-sanの罠もありましたね。

|

■Kanagawa Union

Lowbrain、Freee’s、Aspirationに加え、それらのチームに属さない仲間を含めた神奈川連合。

スポーツランド山梨を舞台とした真夏の走行会では、常にこの3チームが進行やマーシャル役を担ってきた。しかし、今年はAspirationの多くのメンバーが共通の友人の結婚式参列という行事と重なってしまい不参加。

サポーターが少ないなか、各チームの関係者による尽力あって開催することとなった。

特に1コーナーのフラッグマンを担当した極東SkillsのMuko-sanが1stヒートから最終ヒートまで1人で担当。それでも補えない人手不足の影響で主催走行枠では最終コーナーはフラッグマン無し(シグナルを見るという前提)で行われた。

|

■社長は終始ご機嫌だった2018年

Sports Land Yamanashiは、同乗走行が禁止され、ギャラリーの観戦スポットも少ない。その理由はただ一つ。アクシデントによる不幸を可能な限り減らす為だ。

今年で4回目の開催となり、オーガナイズの信頼関係が築いていき、本来は撮影メディアであっても入る事が出来ない、1コーナーのアウト側の伝統のイカ天アングルでの撮影に成功。

ヨンエイジクラブの車両が団体で連なって駆け抜けていく姿を、DK Tsuchiyaの審査員席から眺めるのはとてつもなく贅沢な瞬間だった。

そして今年は社長だけでなく、なによりも多くのエントラントが幸福に満ち溢れていた。「また来週も山梨を走りたい!」というコメントを漏らす者すら出てきた。

ホームストレートに掲げられたKoyoradのバナーはコンパクトなSport Land Yamashiを美しく着飾り、山側のエリアはまるで峠道のようなストリート感。このパッケージングが出来るのはSports Land Yamanashiだけである。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this:
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close