Nissan C35 Laurel Meeting 2017 at Fuji Speedway

DSC04780

DSC04763

DSC04775

DSC04782

DSC04784

DSC04794

DSC04790

DSC04799

DSC04802

DSC04757

DSC05503

DSC05576

DSC04830

DSC05985

DSC05630 (1)

DSC04806

DSC04811

DSC04814

DSC04864

DSC04825

DSC05656

DSC06004

DSC04839

DSC04845

DSC04840

DSC04843

DSC04850

DSC05554

DSC06037

DSC05759

DSC04823

DSC06667

DSC06619

DSC06789

DSC06550

DSC06587

DSC04870

DSC05607

DSC04854

DSC06713

・ローレルのファイナルモデル
それがC35ローレル。
日本のミドルセダンとして双璧を成したかというと、やはりマークiiの姉妹車軍団に販売面でも完敗だった。
特にC35はNismo GT500のワークドライバーである松田次生選手のドリフト練習機かDJ6666のジャケ写のイメージしかなかった。
という有り触れた前置きはさておき、ストリートでも走行会でもレア車種である事は間違いない。
普段街中で見掛ける事の少ない車種のカーミートに出向くと、どれ一つとして同じ形をしているものが無い事に驚かされる。
オーナーの自身の拘りやスタイルが全ての車両で表現されている。寧ろ、拘りを持ったオーナーしか残っていないと言えるのか。
その中でも究極の個性を表現しているのがTeam Freee’sのShotaさんの #色ヤバいだろ号 なのではないか。
“めだつけどカッコよくはないですね”という自虐的なアピールポイントもさることながら、ピンクと緑って・・・絶対に食品業界では無い色の組み合わせだよね・・・と散々な言われようだが、それも全て確信犯なのであろう。
しかし、そのインパクトの強さと反比例し、写真に撮られなさすぎ/YouTubeにも残って無さすぎな記録よりも記憶に残るタイプ・・・
とは言ってもC35ローレルミーティングのドリコンでは2連覇中。
今回は残念ながら3連覇の夢が潰えたが、何に数回しか乗らないのだから、まぁそれは仕方が無いかもね。来年は仕様変更をして元気に王座奪還を期待したいですね。
と、露骨にFreee’sをフィーチャーしたポストでしたが、このノリは来週も続きそうな予感・・・
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: