Real JDM vs Real Import // WEKFEST JAPAN 2017 Full Coverage

DSC05542

DSC02516

DSC02601

DSC02606

DSC02654

DSC02657

DSC02662

DSC02396

DSC02591

DSC02668

DSC02283

DSC02068

DSC02340

DSC02452

DSC02451

DSC02155

DSC02547

DSC02046

DSC02052

DSC02542

DSC02631

DSC02373

DSC02032

DSC02615

DSC02618

DSC02590

DSC02476

DSC02505

DSC02506

DSC02463

DSC02153

DSC02521

DSC02555

DSC02467

DSC02026

DSC02027

DSC02581

DSC02588

DSC02577

DSC02044

DSC02011

DSC02561

DSC02568

DSC02163

DSC02312

DSC02322

DSC02326

DSC02173

DSC02175

DSC02176

DSC02179

DSC02177

DSC02069

DSC02367

Snap

DSC02171

DSC02169

DSC05539

DSC01974

DSC01973

DSC01999

DSC02004

DSC02710

DSC01982

DSC01979

DSC01976

Wekfest Japanの一番大きなメインジャンルと言えるJDMとUSDM。
真の意味でMade in Japanの車両とパーツを用いてJDMを貫き通すスタイル。
日本仕様にUSDMのパーツをアドオンするスタイル。
日本にUSDM車両を持ってきてモディファイパーツもMade in USAを貫き通すスタイル、
USDMの車両にUSで流通している日本製パーツでアレンジするスタイル。
大まかに分けてWekfest Japanはこの4つの要素の中で、それぞれ究極の車両が選び抜かれている。
しかし、何故その会場が名古屋なのか?というところに疑問を持つ人も少なくはないだろう。
勿論都内で同じような屋内環境とスペースを確保するとなると、開催コストが跳ね上がるのは間違いない。
純粋に良質な選考をしようとするとなると、ここポートメッセ名古屋という会場はキャパシティー的にもバランスのとれた場所なのだろう。
とは言っても名古屋で僅か1日だけの開催のイベントが、どのようにしてココまでステイタスを高めてこれたのか?
名古屋という土地が関東と関西両方からのアクセスが良い本州の高速網的な意味での中心に位置する。
関西には大阪の環状スタイルのショップが複数があり、広島にはOld&newがあり、京都にはTRA Kyotoがあり、名古屋にはLiberty Walkがある。無論それらビッグネームなショップだけではない。その土地に根付くショップがあり、そこには当然独自色を持ったカスタムカーのオーナーが寄り添う。
そこに関東から多くのショップのデモカーが集まり、自然とプライベーター達もそこを目指すように。
今年も全ての展示車両が5月のお披露目を目指し試行錯誤のドラマを繰り広げてきたように、またここから1年のストーリーが始まる。
度肝を抜くような「手業(テワザ)」を効かせたクルマがお披露目されるのを楽しみにWekfest Japan 2018の開催を待ちわびたい。
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: